nan10l
1: なんじゃこりゃ? 2016/05/23(月)23:33:10 ID:3n6
南極大陸の氷の下3200メートルの地点に、古代の巨大都市が眠っている可能性があるという。
事実であるなら、人類の歴史を書き換える大発見となる。

考古学者で冒険家のジョナサン・グレイ氏の情報によると、
カリフォルニアのテレビ局の取材班が南極の巨大遺跡の証拠をつかみ、ビデオ映像に収めたとされる。
しかし、2002年11月以降、このテレビ取材班は行方不明の状態となっている。

問題のビデオテープは、南極ボストーク基地の西160キロの地点で放棄されていた資材置き場で発見され、
取材班の救助にあたっていた米海軍特殊部隊によって回収されている。

ビデオテープの所有権を持つアトランティスTVは、米国政府によって放映を妨害されたと主張。
同局の弁護士は「公益性の高い内容に対するいかなる検閲行為にも対抗していく」との声明を出した。

ビデオ映像を確認した二人の海軍将校が、全米科学財団(NSF)の研究者にその内容を説明したとされる。
研究者はその後アムンゼン・スコット基地に戻り、調査を行ったとみられている。

南極では、欧米の国際研究チームによって3基のピラミッドが発見されたという報告がある。
このうち2基は内陸部に、1基は沿岸部にあるとされる。
現在、ピラミッドが自然物であるのか、それとも人工的な構造物であるのかを確認するための遠征調査が計画されている。

ソース
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2573
写真
no title

no title

no title


そして傑作なのが、ムーが2014年にこんな記事を出してる事www
http://amanakuni.net/uchu/77.html

ロシアの学術調査団が発見した謎の物体

「南極の氷の下に鉤十字が眠っていた!!」―2012年の冬、衝撃の情報がロシア国防省が作成した報告書によってもたらされた――。
 同年2月8日、巨大な氷底湖として知られる南極のボストーク湖の調査を行う「ロシア北極南極科学調査研究所」は、
同国調査団が1989年に掘削を開始して以来、3800メートルを掘り進み、初めて同湖に到達したことを報じた。
 しかし、そこには明らかにされていない事実もあった。掘削作業を行っていた調査チームが、
3768メートルまで掘り進んだところ“ありえないモノ”を発見していたというのだ。
“それ”は、水中カメラによって捉えられた「黄金のような金属で作られた鉤十字」だった。明らかに人工構造物である。
その鉤十字の大きさは高さ、幅ともに100メートルに達すると推定されている。

>>2に続く

2: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:33:35 ID:3n6
>>1からの続き
 湖水の中から黄金の鉤十字が発見されたのは、今回の発表以前、2011年11月30日のことだった。
そしてこの発見の直後、情報が外部へ漏れることを恐れたロシア国防省は、現場の科学者たちに高度な暗号による通信以外を固く禁じた。
その条件を満たす通信手段が確立され、専用の機器が現地に届けられるまでに、5日間を要した。
この間、科学者たちは外部との連絡が全く取れないまま、恐怖と寒さの中で過ごしたのだ。

 ボストーク湖の調査は、旧ソ連時代から行われてきたが、このような事態はもちろん初めてだった。
 
ボストーク湖は3600メートルにも及ぶ分厚い氷の下に閉じ込められた氷底湖だ。
しかも、過去200万年にわたって同じ状態を保っていると考えられていて、1万年以上も大気に触れていないとも考えられている。
つまり、常識的に考えれば、湖底に巨大な人工構造物が存在すること自体がありえないのである。

 仮にこれが人工の構造物だとしたら湖底、さらにはその周辺にも、我々の知りえない人工構造が存在する可能性が出てくる。
しかもその形状が、第2次大戦において欧米を恐怖に突き落としたあのナチス・ドイツを象徴する鉤十字であるということが、
さらにその謎を深いものにしている。なぜ南極の湖底に巨大な黄金の鉤十字があるのか? その正体はいったい何なのか?

 実は近年の調査によって、ボストーク湖には推定3507種の有機体のDNAが存在することが判明している。
2013年には、この件について、アメリカとロシアの研究者から、相次いで研究成果が公表されている。
同年3月、ロシアのペテルブルク核物理学研究所遺伝子研究室に所属するセルゲイ・ブラトは、2011年5月に採取した湖水サンプルの分析結果を発表した。
発見された微生物の遺伝子の類似度が86%で、既知の地球上生物と異なっていることを明らかにした。
さらに同年7月には、湖の氷床コアの分析に当たったアメリカ・オハイオ州ゴーリング・グリーン州立大学のスコット・ロジャーズ教授も、
同調するような研究結果を公表している。ボストーク湖に生息するのはほとんどがバクテリアをはじめとする単細胞生物と多細胞生物だが、
多くの未知なる新種生命体が含まれているという。

 さらに同教授は、生物が存在しないと考えられてきた氷下の湖に有機体が存在していたことは、
「生物が存在できる場所と、そうでない場所の境界についての考え方が変わる」とまで述べている。
この発言はつまり、生命が存在しないと考えられている太陽系の天体にも、我々が知りえない生物が存在する可能性さえ示唆しているのだ。

 これまでの多くの理論や概念を根底から覆しかねないこれらの発見だが、否定的な情報も流れている。
ブラトの分析報道からわずか数日後、彼が所属する研究所の室長が、発見されたバクテリアが実験室で汚染されたものであると主張。
新種のバクテリアである可能性を完全に否定したのだ。それはまるで、世間の目をボストーク湖から逸らすため、意図的に流された“ノイズ”のように見えた。

5: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:36:12 ID:3n6
>>2からの続き
 2012年9月、アメリカの探検隊が南極大陸で3つのピラミッドを発見したというニュースが流れた。公開された写真には見事な三角形の稜線を見せる地形が写っていた。

 当初、失われた南極文明の発見かと騒がれたが、写真を見る限り、それらは南極特有の激しい風雨で浸食された自然の山だというのが専門家の一致した見解であった。

 しかし、この報道には裏がある。なぜ、誰にでも自然の山と分かる映像を公開したのか。実は、アメリカ軍は最新の探査技術によって、
すでに南極大陸に古代遺跡の存在を発見しており、それをカムフラージュするために、不可解な情報を意図的に流した可能性が高いのだ。

 超常現象研究家・飛鳥昭雄氏が独自に入手した情報によると、アメリカ軍は軍事衛星南極探査プロジェクト
「SMA/Scan mapping in Antarctica」の一環で、極軌道軍事衛星SARを使って、南極全土を合成開口レーダーでスキャンしている。
氷下にある地形データは一部、学術的に発表されているものの、実際の解像度は、その比ではない。
しかも判明しているのは地表のみならず、地下構造まで判明しているという。
極秘データによると、現在、南極大陸のいたる所で明らかな人工構造物が発見されている。ここに掲げた映像は、その一部である。

外部に漏れ出た氷底湖の、謎の巨大構造物情報

 ロシアの南極のボストーク基地の地下、深さ3488メートルの東南極氷床。
その真下に広がるボストーク湖が発見されたのは、1960年代後半から1970年代初頭にかけてのこと。
上空から氷透過レーダー調査が行われ、東経105度、南緯77度地点、氷下約4000メートルに存在することが明らかになった。
同湖は南極に存在する140以上の氷底湖の中でも最大の淡水湖である。最大幅は約40キロ、最大長は約250キロ達し、
その総面積は琵琶湖の20倍以上、1万4000平方キロに及ぶという。

 これまでロシアを筆頭に、フランス、アメリカ、ドイツ、日本が調査に参加しており、1998年のロシア、フランス、アメリカの掘削調査では、
3628メートルの地底まで到達。氷床サンプルを採取し、氷のサンプルが得られている。
そして分析の結果、50万年以上前からこの巨大湖が氷下に鎮座し続けていたことが判明した。
それはつまり、50万年以上前の古気候のデータ及び生命の記憶が、ボストーク湖にそのまま残されている可能性が高いことを意味する。

 掘削作業に関しては、ロシアのサンクトペテルブルク核物理研究所がフロンとケロシン(灯油)を使って
氷に開けた穴の崩落と周囲の氷の溶解を防ぐ方法を開発し、現場で活用している。
しかし、これまでに使用されたフロンとケロシンの総重量は60トンに達し、湖水に眠る貴重なサンプルを汚染する可能性が高まっている。

 このため、南極の環境汚染を懸念するアメリカやイギリスは、別の方法が実用化されるまで掘削作業の中止を強く求めていたが、不調に終わった。
ロシアは他国に同調することなく、掘削作業を続行したのだ。

 ボストーク湖周辺では近年、様々な事件や事象が起きている。これまでボストーク湖の現地調査を続けてきたロシアの研究グループに属する科学者たちによって、
過去数年間にわたって奇妙な出来事が頻発している事実が明らかにされているのである。

6: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:36:32 ID:3n6
>>5からの続き
 実は、ボストーク湖で巨大な構造物の存在が取り沙汰されたのは、今回、情報がもたらされた鉤十字が初めてではない。
2001年4月、とある軍事衛星の画像によって、同湖に人工構造物、あるいは人工装置と思われる巨大な物体が沈んでいる事実が、すでに確認されているのだ。

 ボストーク湖は何万年もの間、外界から隔絶された氷底湖である。湖水に何かが沈んでいるのであれば、それは明らかに有史以前のものとしか考えられない。

 ところが、この重大ニュースをアメリカは抹殺すべく素早く行動し、主流メディアは何の疑いもなくその意向に従った。
だが、同国による厳しい報道管制にもかかわらず、構造物発見の直後から極秘発掘プロジェクトが開始されたという話は後を絶たなかった。
ヨーロッパには、アメリカが主導する発掘作業に対し、正式な形で反対意見を表明する国もあった。

「もし問題の物体がアメリカ軍部によって建設されたものなら、その行為自体が、国際南極条約違反に当たる」

 このようにアメリカを糾弾したのは、謎の構造物が発見された2001年当時、
欧州議会で議長を務めていたフランスのニコル・フォンテーヌだ。彼女は続けてこうも語っている。
「アメリカ軍部が作ったものでないなら、少なくとも1万2000年前の遺物ということになる。
ボストーク湖が1万2000年以上前から氷に覆われていたことを考えあわせれば、世界最古の人工構造物である可能性も出てくる。
国防総省は議会の意向を考慮し、全ての情報を開示すべきだ」

 だが、このような欧州議会における有力者の発言があったにもかかわらず、アメリカ政府と国防総省はこれを無視し続けた。

 その一方で、アメリカは秘密裏に行動を進めていたと思われる。
構造物の発見後、軍事ウォッチャーの間で、南極のアメリカ軍基地にロボット装置やアメリカ空軍が所有する原子力巨大トンネル掘削機
「サブテレン C5ーA」が投入されたという噂まで飛び出した。

 一連の事件だが、まずは2001年の冬、南極から強制退去させられた人が出るという異例の事態が発生する。
理由は医学的なものであると判明しているが、結局その詳細が明らかにされることはなかった。

 この直後、大きな地震が起きた。南極での地震は極めて珍しい。そしてその震源地は、南極大陸東部にある問題の構造物が沈んでいる地点であることが判明した。

7: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:36:51 ID:3n6
>>6からの続き
 ほどなくして、今度はボストーク基地周辺で強力な磁力異常が生じる。ところがそれは、激化した後に拡散してしまった。
磁気の変動が周囲の地質と異なる金属の堆積によっても起こりうることから、当地に自然界に存在しない人工物が存在する可能性が取り沙汰されたが、
ここに至っても、アメリカ軍部は何のコメントも出さなかった。

 その最中の2002年11月、アメリカ、カリフォルニア州にあるテレビ番組製作会社のクルーが、
南極で撮影中に行方不明になるという事件が発生する。この時、アメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズが関わる形で、捜索・救出作戦が展開された。
その過程で、クルーが撮影していた映像が政府関係者の目にとまった。情報では、その映像にかねてより噂されていた、
前年4月に発見された氷の下に沈む構造物の存在を裏付けるものが、映り込んでいたのである。

 しかもそれは、南極の氷の下に太古の機械、しかも地球外の何者かが作り上げた可能性が高い構造物が沈んでいることを示すものだという。
撮影を行っていた製作会社のウェブサイトには、次のような文面が掲載された。
「アメリカ政府は、今回の捜索・救出活動の際に発見された映像の放送を見合わせるよう要請している。
この映像には、氷の下3.2キロに沈んでいる巨大な構造物に対する考古学的発掘作業の様子が映っているという」

 だが、この文面が掲示されていたのはきわめて短い期間だったこともあり、大きなニュースになることはなかった。
構造物発見後、9.11テロ事件が起き、アメリカとヨーロッパの主流メディアは、こぞってニューヨークとワシントンDCに注意を向けたこともあり、
すでにこれは過去のニュースになっていたのだ。かくして、南極で起きた一連の事件の謎は埋もれ、忘れ去られてしまった。

20: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:56:21 ID:3n6
>>19
>>1のソースはムーじゃないんだが、かすぽなんだなwww

3: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:34:08 ID:hm3
The Thing

4: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:35:15 ID:MA5
ロマンだな

11: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:38:27 ID:3n6
>>4
ロマンだね
人工物だった場合、ムーの記事にあるように

>ボストーク湖は3600メートルにも及ぶ分厚い氷の下に閉じ込められた氷底湖だ。
>しかも、過去200万年にわたって同じ状態を保っていると考えられていて、1万年以上も大気に触れていないとも考えられている。
>つまり、常識的に考えれば、湖底に巨大な人工構造物が存在すること自体がありえないのである。

って事らしいから、ガチで超古代文明が存在した証拠になる

8: 【吉】【536円】【19】 2016/05/23(月)23:37:13 ID:F7w

    |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
    |┃   N {                \
    |┃  ト.l ヽ               l
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  話は聞かせてもらったぞ!
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |   人類は滅亡する!
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       \____________
    |┃      l     r─‐-、   /:|
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l

15: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:40:15 ID:3n6
>>8
これマジネタw

>>9
映画のネタであったよねw
それであってたっけ?
なんか南極の地下に宇宙船があるとかって奴
Xファイルでもそんなような話があったような気が……

>>12
とかだったらどこの秘密組織が作ったんだろうw

9: 反発力◆7kPN4vZgtU 2016/05/23(月)23:37:51 ID:udR
エイリアンvsプレデターかな?

10: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:38:01 ID:M9q
汚~酢薔薇椎

12: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:39:35 ID:CI0
読んでないけどそれ秘密組織の基地だから

13: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:39:47 ID:dYV
かすぽでスレ立てですって・・・!?

16: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:41:28 ID:3n6
>>13
う~ん、マジネタかと思ったらソースがあれだったw

14: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:39:47 ID:12K
木のメリオルメッセことシュバルツバルトさんの出番ですか?

17: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:42:09 ID:31r
そこおれのべっそうだから

18: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:45:20 ID:EKY
>>17
マジか今度行くわ

19: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)23:47:06 ID:AwL
ソースはムー